インターネット上で楽しむバーチャルなカジノ

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、インターネットを用いて、いつでもどこでもスマホやPC、タブレットなどを通して遊べるバーチャルなカジノです。
日本でもアクセスできるサイトが複数あり、それを見ることや、提供されているゲームを楽しむことは日本国内でも、日本人でも可能です。

提供されているカジノゲームとしては、ポピュラーなスロットマシンやルーレット、バカラ、ビンゴゲーム、ポーカーやブラックジャックといったカードゲームまでが揃っており、さらに本場の韓国やラスベガスで流行っている新しいゲームまでが模擬的に楽しむことができるのだそうです。

>>パイザカジノ徹底解説 2018年~入出金・ボーナス・評判~

サイトの多くは拠点を日本国外に置いています(稀に日本国内で運営されている場合もありました)。

日本では、法律でギャンブルとして認められているのは公営競技と呼ばれている競馬や競輪、競艇、オートレースのみですが、海外旅行などで実際にカジノを体験した人たちも増えてきている今、日本国内でも観光の起爆剤としてカジノを誘致してはどうか、という意見を複数の都市が打ち出してきており、そういった意味でも気軽に雰囲気を楽しめるオンラインカジノは普通のゲームとして普及してきているのです。

法的にはグレーゾーン

しかし、そのシステムは法的にはグレーゾーンです。
実際にそれらで得たポイントを『決済・換金』しようと試みた場合には違法性が問われ、オンラインカジノを楽しみ、換金を依頼したプレイヤーが単純賭博罪に問われ、警察が介入する事態になりました。

この場合には、海外のオンラインカジノの運営側を罰することはできず、処罰対象は日本国内から海外のサイトで『賭け』をしたプレイヤーのみが略式起訴となっています。

また、日本国内に拠点を置いて運営しているサイトに関しては運営側も逮捕されています。

日本国内での裁判ではそのほとんどが不起訴になっている

こういった様々な法律の隙間を縫うようにオンラインカジノのサイトはどんどん増えて、さらに進化を遂げていますが、日本国内での裁判ではそのほとんどが不起訴となっていて、簡単に国境を越えてしまうインターネット上のシステムに関する法律の不備が露呈することとなりました。

ゲームとしてカジノを楽しむ、というのであれば白に近いグレーですが、そこに実際の金銭、またはそれに類するものが介在して利益を得ようとするのはそのグレーは限りなく黒に近くなるのです。

近年ではインターネット上でさらに事態を複雑にする仮想通貨が盛んに運用され始め、国家が管理できないお金の流れもますます増えてきています。
そういった法律の網目を潜り抜けて、オンラインとはいうものの、自宅に居ながらにして、またはタブレットやスマホなら場所も時間も選ぶことなく、ほぼリアルと変わらないカジノゲームを楽しむことに対する敷居はどんどん低くなってきているのです。

法律の決めているボーダーラインをきちんと理解する

前述した中に、その拠点を置いているのが海外か、日本国内かという違いがありますが、海外にある場合には、その拠点のある場所でそのサイトと運営会社はきちんと合法的に活動している場合がほとんどなのです。

日本の国内法と海外の法律のはざまで、警察や裁判所もその法律の運用の仕方や、古いままで現実の世界に即しているとは言い難い法律の内容に悩んでいると言っても過言ではないのです。

カジノは明るく楽しむのであれば楽しいゲームセンターのようなものでしょう。
しかし、そこにはお金と変わらない価値のあるものが飛び交い、中には射幸心を煽られてその場ですべてを失う人もいます。

実際にお金、もしくは仮想通貨につながるものが飛び交っているという意味ではオンラインカジノもリアルなカジノと違いはないのかもしれません。
軽い気持ちで楽しむのであれば、その法律の決めているボーダーラインをきちんと理解し、飛び越えないように注意してかかることが大切なのです。