髪の毛の扱いに気をつける

薄毛治療をするのであれば当然髪の毛を大事にするように行動する必要があります。
極論ではありますが幾ら薄毛治療をして髪の毛が生えたとしても、自分で抜いてしまっては意味がないことです。

そのためには当然頭を定期的に洗う必要はあります。
頭が汚れていてはその汚れによって毛穴が詰まってしまって生えるのに支障が出てしまうからです。

しかし頭を洗うというのは誰でもやることであるため、今更言う必要がないことですが、今度はその洗い方にも気をつけなければいけません。
現にこの洗い方が間違ってしまっているお陰で、他で薄毛治療の努力をしても台無しになってしまっているということはありえます。

例えばとにかく汚れを落とそうと頭を激しく洗っている方もいると思いますが、そうして頭を洗いすぎると頭皮にダメージを与えてしまい、その結果逆に髪の毛を生やすのに支障が出てしまうからです。

それと同時に頭を洗う際にはシャンプーを使いますが、実際にシャンプーは頭皮に結構な刺激を与える存在にもなりますので、それが益々頭皮へのダメージへと繋がってしまうのです。
そしてシャンプーを十分に落とせてないとそれが頭に髪に残ったままとなり、それが髪の毛に影響を与えてしまいます。

そして意外と見落としがちなのが、その頭を洗った後の行動についてです。
頭を洗えば当然そのままにしておくと頭皮と髪に影響が出てしまい、何より本人的にも気分としてはよくないため、ドライヤーで乾かすという人も多いでしょう。

しかし、このドライヤーで乾かすというのが曲者であり、あまり髪の毛にドライヤーを当てすぎると逆に髪にダメージを与えてしまいます。そして何より髪の毛にばかり気を取られて頭皮を乾かしておかないと結果的に今後の髪の毛の生えに影響が出ます。

特に女性の方は髪を伸ばしている人が多いため、長時間ドライヤーを当ててしまったり、髪の毛だけで終わらせてしまいがちとなるため気をつけましょう。

後は洗い方ではなく髪の毛自体の扱いにも気をつけましょう。
たまに髪の毛を触る癖がある人もいると思いますが、それで手が汚れていると髪の毛に汚れが移ってしまいます。
その癖を治すようにした方がいいでしょう。