ムダ毛処理によるデリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみの原因というと下着との摩擦やお風呂で体を洗う時の刺激などが関係していると言われており、実際にこれらの刺激によって肌が大きな負担を受けて引き起こされている例がたくさんあります。

ですから下着の種類を見直してみたり体を洗う時にはできるだけ刺激を与えないように気をつけることは非常に重要ですが、それ以外にも原因はありますので治らないようならそちらを見直してみる必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみの原因で同じようによくあるのがムダ毛処理による影響です。

皮膚のとても薄い場所ですので抜くと強い痛みを感じるため、カミソリやシェーバーで剃る人が多いようです。

凸凹とした部分が多いので剃る時に皮膚を傷つけないようにすることがとても大切ですが、どんなに注意を払っていても見えないくらいの小さな傷はたくさんついてしまいます。

それが黒ずみの原因になりますので、シェーバーやカミソリで剃って済ませたい時には負担を減らすためにシェービングクリームを使わなければなりません。

また、刃を当てる角度や力の入れ具合には気を付け、行う場所によって刃の大きさをかえるのも一つの方法です。

抜く場合には非常に強い痛みを伴いますし、ムダ毛自体がとても太いので出血してしまうこともあります。

出血を起こすような刺激を受けているのですから、当然肌は深いダメージを負っています。

毛穴に炎症が起こって、それを回復させようとする働きが作用し、皮膚に厚みが出ることで黒ずんで見えることもあります。

抜く場合には自己処理が難しいので、エステサロンやクリニックで施術を受けることを考えなければなりません。

仕組み的には同じようなものですが、出力の強いクリニックでの施術の方が多少強い痛みを感じます。

施術を受けると、ムダ毛の毛包や毛母細胞自体に働きかけを行うことができますので、ムダ毛は再生してこなくなります。

再生してこなければムダ毛処理を行う必要がありませんので肌を健やかに保つことができます。

これは非常に重要なことであり、肌が回復しきらないうちに次の処理を行わなければならないことがリスクを高めますので、一度思い切って施術を受けてしまった方が安心です。

ムダ毛の生えなくなった肌は毛穴が少しずつ閉じていきます。

毛穴が閉じると肌中の水分がきちんと閉じ込められますので、水分と油分のバランスが調節されて肌細胞が活性化されます。

その結果、ターンオーバーも順調になります。

■デリケートゾーンに黒ずみを作らないために

露出が多くなる季節などに気になってくるのがデリケートゾーン 黒ずみです。

水着になったり、温泉などで服を脱いだりした時に一目につきやすくなってしまいます。

普段はそれほど気にしていなくても、やはり問題になってしまう事も多くなるでしょう。

隠したいからと不自然な格好をしたり、着たい服が着られないというのは悲しいものです。

気にして行動しなければならない状態はできるだけ避けておきたいはずです。

そのため、できるだけ黒くならないように普段から心がけていくようにしたいものです。

まず、デリケートゾーン周辺が黒くなりやすい方は、身に着けている下着などについても考えてみてください。

デザインなどを重視して選んだものの場合、肌に食い込んでいたり、肌触りが悪いように感じたことはないでしょうか。

そういった場合、肌に刺激が与えられてしまい、黒くなってしまうことがあります。

特に足の付け根など良く動かしてしまうところは、すれることで刺激もより大きくなっていってしまいます。

その部分が肌に必要以上に当たっていないかチェックしてみましょう。

レースやゴムなどが直接肌に当たっている場合は刺激が強くなりがちなので注意が必要です。

普段身に着ける下着は、できるだけ刺激の少ないものにしていくのがおすすめといえます。

ちょっと見た目が悪くなっても、普段吐くものは肌に優しいものを選びましょう。

また、サイズも無理に小さいものを身に着けてしまうと問題が起こる原因となってしまいますから注意しましょう。

体にぴったり合ったサイズにすることで、必要以上に下着が食い込むという事もなくなって、黒ずみも抑えることができます。

問題が生じたら早めに対処することも重要です。

下着が触れている部分が肌荒れしてきたというときには、皮膚科で見てもらうなどという事も心がけてみましょう。

早く治すことにより、ダメージが少なく跡も残りにくくなります。

また、おりものなどが原因でかぶれてしまうという事も黒ずみにつながります。

パンティライナーなどを利用してまめに取り換えるようにすると清潔に保ちやすくなり、かぶれずに済むために黒ずみとして残りにくくなります。

このように、日常生活のちょっとしたことでデリケートゾーンの問題は解消できるはずです。

毎日のことだからこそ、ちょっとの変化が大きなトラブルになってしまいます。

黒ずみが気になるという方は、いまどのような問題があるかを知り、対応していくようにしましょう。