健康に良い青汁について

日本人の少なくない人が野菜不足です。

人間は野菜に存在する各ビタミンやミネラル等の栄養は充足した生活を行う為には必要です。

平均的な日本人の一日に摂取する必要がある野菜は350グラムだと言われていますがこの野菜350グラムというのはかなりの量になり毎日欠かさず野菜350グラムを摂取し続けるのは簡単ではありません。

その悩みを解決するのに最適なのが「青汁」です。

青汁は日本人の少なくない人が不足している野菜の栄養を簡単に摂取する事が出来ます。

青汁を摂取すると人間に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維等を簡単に摂取出来ます(飲むだけ)。

野菜の場合には咀嚼が必要だったり調理が必要だったりしますがその様な手間は不要です。

この野菜に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維を毎日欠かさず適量を摂取し続けると、脳卒中・心臓病等の生活習慣病やがん等の予防効果が期待出来ます。

また、食物繊維は腸内環境を整える働きがありますが、腸には免疫細胞のおおよそ6割が存在しますので免疫力の増加が期待できます。

免疫力があがると風邪等の感染症や性病等にも罹患しにくくなります。

また、食物繊維は食事の際の血糖値の急激な上昇を抑える効果がありますので肥満防止に繋がりますし、食物繊維の効果で便通が良くなり良い体調を維持出来る事が期待出来ます。

更に具体的に言うと青汁にはビタミンC・カリウム・カルシウム等の栄養が豊富なものあります。

ビタミンCは抗酸化作用・美肌効果・免疫力向上等の効果が期待出来ます。

カリウムは血圧の上昇を抑えたり老廃物の排出を補助する効果が期待出来ます。

カルシウムは骨や歯を作ると同時に神経や筋肉の興奮を抑止したり、心臓や脳の働きを調整します。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」には日本人の野菜の平均摂取量が記載されておりそこには成人男性が一日に野菜約290グラム摂取しており、成人女性は一日に野菜約270グラム摂取しているとの記載があります。

野菜は一日に350グラム摂取するのが最良とされているので、成人の男性と女性はやや野菜不足の傾向にあると言えます。

一日350グラムの所、一日に290グラムと270グラム摂取していれば良いのではないか思うかもしれませんが、これが長期間続くと身体に与える影響は無視出来ないと言えます。

また、野菜に含まれるビタミンやミネラルは加熱する事によって栄養の効果がおちてしまう事もあります。

この様な諸問題を解決できるのが、ビタミン・ミネラル等を豊富に含みその栄養を失う事なく簡単に摂取出来る「青汁」です。

 

※参考HP
青汁 ランキング