川中商事の歴史と大きく変わった現在

川中商事の特徴

川中商事はかつて存在していた企業で、居酒屋チェーンの経営によって存在感を現していたのが特徴です。

2005年に創業して以来、全国に300店舗以上の出店を達成して、その名前を一躍有名なものとしました。

当時は経営者があまり表に現れず、自社のWebサイトやSNSの情報発信もなかったことから、実態が不明で謎の多かった企業だと評価されています。

また、限られた情報からは関連企業の多さが見え隠れしていたので、実態が掴めない不思議な企業という印象に拍車を掛けたほどです。

一説には黒字の粉飾であったり、お金に関する黒い噂が流れることもありました。

実は、2011年から2014年に掛けて、3度の食中毒事件を発生させています。

事件の発生はどれも異なる地域の店舗ですが、ノロウイルスという共通点があります。

保健所の検査と指導を受け入れ、3日間の営業停止のペナルティも受けていますから、同店舗での再発は防げています。

しかし、同様の事件を起こしたことで、経営における食品の安全に関わる意識が高まり、安全性確保の体制見直しに結び付きました。

店舗数が多い居酒屋チェーンなので、食中毒発生のリスクが高まるのは、経営規模の大きさを考慮すると仕方のないことでしょう。

ただ、3度も同じ食中毒事件を発生させたのは事実ですから、利益や経営には少なくないダメージがあったはずです。

一方では、2012年に起きた火災も経営の記録に残る事故で、同じビルに入居するパチンコ店に2億円以上の損害を与えています。

この時に指摘されたのは、消火栓の扉が開かない状態になっていて、床の段差が原因だと言われています。

火災事故は後にも先にも1店舗だけですから、チェーン全体の経営姿勢ではなく、特定の店舗に問題があったと結論付けることができます。

川中商事の理解が進んだのは皮肉なことに、当時の社長が辞任して事業が譲渡され、経営陣が入れ替わった後のことです。

新しく生まれ変わった居酒屋チェーンは、積極的な姿勢で情報発信を行ったり、オープンに情報開示を行って驚かせています。

前社長は、譲渡後も暫くは経営に関与しているようですが、経営の中心からは外れているので、今の影響力は弱まっていると考えられます。

300店舗も規模を拡大できたのは、先代の取り組みや努力によるところが大きいですが、成長に限界が見えた理由はやはり、秘密主義的な経営姿勢に他ならないでしょう。

事業の譲渡が発生したのは、成長の停滞を考えると必然的ですが、むしろ絶妙なタイミングで経営が変わったといえます。

経営陣の集団化の意味合い

今現在の状況は、店舗数が400店弱で、海外展開も視野に事業を拡大している途中です。

川中商事時代から大きく変わった今では、様々な異なる特徴を挙げることができます。

経営陣の集団化には、ワンマン経営を避けるという意志と、多様性を実現する姿勢が現れています。

出身を飲食業に限定せず、幅広い分野から経営のスペシャリストを集めているので、問題点の改善とクリーンな経営が実現しました。

具体的には、経営状況の安定と透明化や、衛生管理の徹底と更なる安心感の向上などです。

経営に関する情報が余すことなく公開されているので、川中商事時代にあったような噂が立つようなことはなく、衛生問題の発生もなくなっています。

更に、従業員のトレーニングと共に、待遇改善にも力が入れられていますから、現場の業務はとてもクリーンで、良好な状況が保てるようになったのも大きな変化でしょう。

従業員がより積極的に、自らの考えで居酒屋のアイディアを提案できるように変わったのも、経営陣が変化した現体制からです。

待遇改善との相乗効果によって、従業員のモチベーションは大きく高まっているので、業態の個性化や付加価値のある店舗経営に繋がっています。

逆に変わっていない部分は、個室居酒屋の経営に注力していて、コンセプトの異なる業態のお店が同時に複数運営されていることです。

コンセプトの多様化が推し進められている

今ではコンセプトの多様化が推し進められ、以前よりも増して個性的なお店が増加しています。

異なる業態のお店は、どれも違いが明確で分かりやすいので、他にはなくてここだけ、という付加価値を大切にしていることに納得です。

川中商事時代の評判は、提供される料理の質がそれなりで、安いからにはしょうがないといったものでした。

その点、現在は著名な料理人に監修を仰いでいますから、メニューの刷新と質の向上に力が入っていることが分かります。

経営の安定化だけでなく、従業員のモチベーションを保ち還元する為にも、商品の価値を高めて利益を追求するのは合理的です。

良いサイクルで経営が進んでいる印象ですから、閉鎖的で暗かった川中商事時代とは打って変わって、今は消費者にも従業員にも魅力があるといえるでしょう。

問題の改善や品質の向上を進めつつ、海外進出を視野に入れたり、レストランの経営にも手を広げていますから、将来性を感じさせる有望な外食チェーンに生まれ変わっています。

※川中商事の会社概要について