学校教育の役割と問題点

●学校教育の役割と様々な問題点

学校教育とは、知識を教えて応用させるだけではなく、その背景にある物事の本質を考えさせることになります。

教育を受けた子供が学んだことを生かして体験的に考え、行動を起こすことによって学びの成果をあげるということは学校だけではなく家庭での教育も重要となってきます。

様々な社会的な背景から学校でしつけなどをして欲しいという人もいますが、家庭や家族で行う子供への影響が教育面でも大きな影響があります。

学校の教育を生かすためには家庭の環境を良くして、教育力を高めていくことが子供の生きる力へとつながります。

近年では、社会の仕組みや生活様式が複雑化することに従って環境が大きく変わってきています。

学校にも多様な価値観が集まっており、これまでの単一の目標で画一的な教育は成り立たなくなっているのが現状となっています。

それでも学校の基本的な役割は変わっていないと考えられます。

●学校は、それぞれ発達に応じた教育のあり方や役割がある

小中高と学校がありますが、それにはそれぞれ発達に応じた教育のあり方や役割があります。

小学校では基礎的な教育だけではなく、社会性を身につけるための教育を身につけたり、命の大切を実感できる学級を作ったり、自分の考えをきちんと表現できるための能力を身につけていくことや、他人を理解するための努力などが求められます。

この時期の教育は自発性を身につけさせることで、勤勉性など大人になっても必要なアイデンティティを確立させることにつながります。

中学校や高校では、それぞれの学習への理解を深めるとともに、衣食住への重要性に関して関心を深めていくことが大切です。

地域社会の積極的な協力のもとで地域社会で保存している歴史的なものへの理解を深めたりするなどをすることで衣食住に対しての興味を深めていくなどの観点を育てていくことなどは非常に重要です。

現在の日本の教育は単一の目標で画一的な教育が行われています。

もちろんこれにはメリットがありますが、現在の日本の社会環境などではデメリットも多くなっているのも現状となっています。

学校教育の問題点はいろいろなことが挙げられます。

単一の目標で画一的な教育は答えがわかりやすくなっており、勉強すれば結果を出すことができる反面、何かを想像して実際に作っていくという力がつきにくくなっています。

出る杭は打たれるとも言いますが、周りから少し外れてしまうと仲間はずれにされてしまうなどの状態で、想像力や創造力が育まれていない状態です。

また、人にはいろいろな才能がありますが、環境が合わないことで自分の能力がわからずに才能がないと考えてしまう人は多くいます。

学校では答えを正解する人が評価されることが多いですが、社会に出れば答えを作り出す人の方が評価されるようになります。

きちんと才能が伸びる環境があれば成長できる人も、周りに合わせることで自分の才能がわからなくなってしまうということはよくあるケースです。

●現在の教育では、それぞれの才能を伸ばすことができないのは大きな問題

現在の教育では、それぞれの才能を伸ばすということができないのは大きな問題と言えます。

また、答えを間違うことを恐れることにもつながります。

答えを間違うと評価されないことが多いため、長い学校での生活の中でその価値観が基準となってしまいます。

そのため人によっては人生の選択を間違いたくないと考えるようになってしまい、人生がつまらなくなってしまいます。

みんなと一緒というのは安心感がありますが、自分だけの人生を歩む時には大きな足かせとなってしまうことが考えられます。

もちろん選択を間違いを減らすことは重要ですが、教育で行うのに重要なのは間違ったらどうやって正せば良いのか、間違ったらどうやって失敗をカバーすれば良いのかを教えていくことも大切です。  引用「畑恵の参議院議員時代の活動について

子供の教育を行うのは、学校だけではなく地域や家庭でも行っていくことが大切です。

地域社会では日本古来の文化や伝統を通して日本人の心を大切に育てていくことで、子供の情緒を育んで道徳的な能力を向上させていくことにつながります。

伝統や文化を継承させるにはお年寄りの力が重要ですが、子供が人生のセンタおに対して畏敬の念をもって接することによってお年寄りも貴重な経験を後輩に伝える責務を考えて伝統や文化を継承できるような環境の構築へとつながっていきます。

●家庭では学校との関係をしっかり考えて教育していくことが重要

また、家庭では学校との関係をしっかり考えて教育していくことが重要です。

家庭で先生の悪口を言うのであれば子供は先生を尊敬しなくなり、学校での態度も悪くなってしまいます。

それは教育を受けるチャンスを自ら潰してしまうことにもなります。

若い両親だと子供が注意されると自分が注意されてしまったように感じてしまう人もいますが、このような不安を解消できるような環境を整えていくことも重要です。

子供は学校や家庭、地域社会の中で学んで育っていきます。

現在の学校教育にはメリットもありますがデメリットも多くありが、デメリットを地域や家庭で補っていくことが大切となります。