実業家が効率的に資金調達するには

実業家について

実業家とは主に生産や流通、販売などに関する事業を経営する人のことです。

自ら新たに事業を興す起業家や、親から事業を引き継いだ経営者などは実業家と呼ばれます。

企業の経営に携わる人のことを一般的に企業家には、雇われた経営者も含まれます。

一方、立沢賢一などの実業家は独立した存在なので、雇われた経営者は含まれません。

自ら独立して事業経営を行なうだけでなく、資本を出資する資本家としての側面を持つ場合もあります。

新たに事業を興すためには経営資金の調達が必要です。

資本家であれば自ら潤沢な資金を投資して事業を開始することができます。

しかし起業家の全てが、潤沢な資金を持つ資本家であるとは限りません。

自分自身で資金を準備できない場合には、他者から融資や出資を受けることになります。

当初から十分な資産を保有している実業家は、資産を有効活用して事業資金にできます。

自分自身の資産を活用するので、負債を負わずに済みます。

不動産や自動車などの車両、機械設備などを当初から所有していれば、有利に起業可能です。

サラリーマンなどが起業を考えるのならば、まず毎月の給料から開業資金を貯めることになります。

しかし資金があまりない段階で起業することも可能です。

銀行や消費者金融業者はビジネスローンという形で事業性資金の融資を行なっています。

ビジネスローンは担保や保証人を必要とせず審査も簡単に行われるため、資金を借りやすいというメリットがあります。

ただし金利が高いので注意が必要です。

当初の自己資金が少ない場合には、毎月の給料からある程度の資金を貯める方が負担が少なくなります。

徐々に規模を拡大していく方法

事業の種類によっては、徐々に規模を拡大していくことも可能です。

例えばインターネット通販で雑貨などを販売する場合には、少しずつ規模を大きくしていくことができます。

最初のうちは資金が少ないので扱える商品の種類や数なども限られます。

黒字経営を続けて徐々に事業規模を大きくすれば、インターネット上だけでなく実店舗を構えて活動することも可能となります。

小さい資金から商売を始めて、徐々に事業規模を拡大すれば金融機関などから借金をせずに済みます。

借金はまとまった経営資金を作ることができますが、経営への負担も大きくなります。

なるべく負債を増やさないように事業規模を拡大することが重要だと、立沢賢一もセミナーで語っています。

一定の信用力がある実業家であれば、銀行から直接的に融資を受けることもできます。

銀行が行なう融資には信用保証協会による保証が付いた融資と、銀行自身が行なうプロパー融資があります。

後者は銀行がリスクを負担するので、信用力が厳格に問われます。

一般的にはまず保証付きの融資を受けて返済を重ね、信用力を高めることになります。

信用力を高めるには、売上を伸ばすだけでなく確かな営業利益が出ていることが重要です。

売上が大きくても、コストが大きく営業利益が小さいと信用力は低くなります。

企業の信用力を知る上で営業利益は重要な存在であると立沢賢一も念押ししています。

災害など何らかのトラブルが発生した場合には企業が損失を被ることになりますが、確かな営業力のある企業であれば容易に克服できます。

営業利益は企業の耐久力を表現しています。

引用元:立沢賢一

耐久力の高い企業であれば、銀行も安心して融資を行なうことができます。

企業が信用力を高める方法としては、他にも株式の上場が考えられます。

証券取引所に株式を上場すると、一般的な投資家が自社の株式を購入できるようになります。

企業は銀行などから融資を受けなくても、直接金融が可能となるため経営を安定化させることができます。

信用力が増すので、新たな事業を行う際に必要であれば銀行などからの融資を受けやすくなります。

多くの起業家が株式の上場を目標としています。

信用力が高まるほど融資は受けやすくなる

信用力が高まるほど銀行など金融機関からの融資を受けやすくなります。

事業規模が拡大し経営が安定すると信用力が高まり資金調達が容易になるので、経営をスムーズに行なうことができます。

しかし一般的なサラリーマンなどで起業を考える場合、当初の信用力はそれほど高くはありません。

株式を発行して投資家から出資を募ることも考えられますが、引き受けてもらうためには事業の将来性が重要になります。

銀行などから融資を受ける場合も、株式を発行する場合も信用力が必要です。

信用力が低い段階で他者から資金を調達するには、高金利なビジネスローンを利用するかベンチャーキャピタルなどを利用することが考えられます。

ベンチャーキャピタルとはベンチャー企業に対して出資を行なう専門業者のことです。

高い将来性を備えた市場や企業に出資して、企業が成長したら株式の売却により利益を得ます。

ベンチャーキャピタルであれば、信用力の低い段階でも多額の資金を調達できます。

最近ではインターネットを利用して不特定多数の投資家から出資を募る、クラウドファンディングも盛んに行われるようになりました。

自ら起業して立沢賢一のような実業家になるには資金調達が重要です。

資金の調達方法には様々なものがあります。

信用力が低く初期の自己資金が少ない場合でも、ベンチャーキャピタルやクラウドファンディングを利用すれば多額の資金を調達できます。