thomas のすべての投稿

金に投資してリスクを軽減

①知識を身に着けてから投資を始めましょう

生活を成り立たせるために、仕事をしているという方もいるでしょう。就職をして安定した収入があれば生活は成り立ちます。ただし、老後生活まで安泰かというと働いているすべての人が安心できる状況でもないことも事実です。

ある程度老後のことも考えて貯蓄などをしておくことも必要であるため、収入のうち一定の金額を定期的に貯金しておくということも大切です。

また、現状の生活でもしっかりと貯蓄をしているがもっとゆとりある生活がしたいという場合には、働く以外の方法なども考慮することも必要です。

ただ、働いているだけでは、収入が増えないというケースもあるため注意も必要です。正社員雇用であっても、順調に給料が上がるとは限らず、バイトやパート、派遣社員として働いている方などは、先々を考えた場合に収入源を増やすなどの対策をしなければ生活が厳しくなる可能性もでてきます。

対策の一つとして、投資をしてみるというのも有効な手段といえるでしょう。株や不動産という選択をするというのもいいでしょう。

ただし、景気などに左右されやすい株などの場合には、値動きが激しくなる傾向もありリスクなどもそれなりに高くなる可能性もあります。知識をそれなりに身に着けてから株や不動産などに手を出すようにしましょう。

資産が増やしたいという目的で始めるならば、少しででもリスクを軽減するということが重要です。知識をつけることでリスク回避などができるようになるケースもあり、損失を最小限に抑えることができるようになる可能性も高まります。

適当に株などを購入し上がるのを待つというのでは、資産を減らしてしまう可能性が高まります。しっかりと株に対して学び売買をしていくといいでしょう。

②金の投資のメリット

投資でリスクが比較的少ないものとして金が挙げられます。鉱物であるため、埋蔵量などの関係上無価値になることがない点が、リスク軽減につながります。価値などもどの国であっても共通という点もメリットといえるでしょう。

株などの場合には、政治、経済、世界情勢などの変化により価格の上下動が激しくなる傾向もありますが、金に関しては、その点さまざまな変化に強いという特徴を持つのも、大きなメリットといえます。

金の投資は大きく利益を出したいという方には不向きな投資ではありますが、自身の資産を守りながら損失が大きくなるリスクというものを回避したい方、短期的利益ではなく、長期的にみて資産運用をしたいという方には向いているといえるでしょう。    「ゴールドリンクの転職・求人情報」より一部抜粋

働いていて収入があり貯蓄などきちんと行っている方など、株や不動産などに手を出してしまい大きく損失を出してしまうことでその後の生活などが厳しくなってしまうというリスクもゼロではありません。

せっかくゆとりある生活をするため、老後のためにと挑戦したのに、かえって生活が厳しくなってしまっては意味がありません。

この点からも、金に対して投資をすることにより、急激な価格変動にはならず、損失を出したとしてもそれほど大きなダメージを受けることがなく、かつ、短期的な売買をする必要もないためある程度精神的に余裕を保ちながら資産運用をすることが可能です。

③資産運用は生活に影響のない範囲で行いましょう

資産運用で、短期的に利益を出したいという方もいますが、暇さえあれば情報収集をして自身が購入した株などの価格変動をチェック、売買をしていくという場合、時間的に余裕があれば問題ありませんが日ごろ仕事をしている方の場合にはかなりのストレスを抱えることにもなるでしょう。

うまく売買できればそれなりに利益を出すということも可能かもしれませんが、時間的な余裕や精神的ストレスなどいろいろとマイナス要因も多くなるため目的などにもよりますがゆとりある生活などを目指す場合には、その生活状況ではかえって疲弊してしまいゆとりある生活などが成り立ちません。

このような点からも、資産運用をする場合には自分の生活などに対してあまり影響がでないような投資方法なども考慮することが必要です。自身が先々の生活でゆとりがもてる状況、時間的、金銭的な余裕をもつための投資ということを考えていくことが重要です。

長期的な資産運用をするという場合に、頻繁に売買を繰り返す方法よりも精神面でも落ち着いた資産運用が可能です。日々、情報に振り回されることも価格変動などを常にチェックする必要がなく、自身の生活状況にあまり影響しない状態で資産運用が可能という点はメリットといえるでしょう。

さらに、資産運用によって利益がでる場合にはその分、生活的にもゆとりがでてくることにもなります。

さまざまな情報、知識を身に着けることでリスクの軽減をすることや長期的な資産運用を行うこと、利益などが出た場合もそれを生活の中で有効活用していくことで余裕ある生活、老後などの生活のために残しておくなど、自分なりに先々の生活なども考慮しておくことが大切です。リスクをできるだけ軽減した資産運用を目指しましょう。

中古住宅が広まっている理由

◆中古住宅が広まっている理由とは

住宅が建てられた後に、少しでも使用するとどんなに新しく綺麗であっても中古住宅の扱いになり、新築物件が人気のある日本では価格が一気に下がってしまいます。

住宅の価格は国によって価値観に違いがあり、西洋の国などでは古い住宅に価値があり、歴史があればあるほど価格も高くなるという傾向があります。

そのため建ったばかりの新築住宅よりも、手入れがされている中古住宅のほうが価格が高くなることが普通で、日本とは逆の現象が起きています。

どうしてこういったことが起こるかというと、ひとつには日本は地震などの災害が多いということと関係があります。

どんなに手をかけた建物であっても、大きな地震が起こると前回してしまうことを繰り返してきました。

そのため、歴史的な価値のある建物は重要視されていますが、そういったもの以外では古いものは地震の時に崩れる恐れがあるというイメージをもたれてしまうのでしょう。

新しければ家の柱も倒れにくいだろうというイメージがあるのか、新しい建物のほうが安全で長持ちすると言うことが常識のようになっています。

これに対して西洋では大きな地震がほとんどなく、かなり昔の建物がそのまま今も使われているようです。

そのため歴史のある家では過去のインテリアがそのまま使われていたりと、それぞれの建物に個性が残っています。

日本では住宅の寿命が短く基本的には50年程度で建て替えるのが普通です。

家を作る時に使われている素材にも耐久性が関係しており、西洋では石造りやレンガ造りのような建物が多く、時間が経ってもそのままの状態で維持しやすくなっています。

気候的にも日本のように湿気が多くないのでカビが生えてしまうというような問題も起こりにくいのでしょう。

◆水道やガスなどの設備だけを新しくしていけば、かなり長く済み続けられる

そのため特別なメンテナンスをしなくても、何十年と家の状態が大きく変わることなく、水道やガスなどの設備だけを新しくしていけば、かなり長いこと済み続けることができます。

そういった文化があるので、家を買うという時には中古住宅を買うという意識が強く、購入する時にはなるべく安い価格で購入し、その後自分で価値を高めて買った時よりも高く売るという方法が一般的です。

日本では新築の状態が最も価値が高いと言われているので、なかなか自分の力だけでは住宅の価値を高めることができません。

そのせいもあるのか、海外では家を自分好みに変えていくことが普通で壁を塗り替えたり、棚をつけたりとかなり大掛かりなDIYを行うことが一般的です。

日本でも一部の人のあいだでDIYが流行していますが、それは趣味の話に限られており、家の壁を自分で塗り替えるような人はまだまだ少ないでしょう。

そして、最初に購入した時の価格が最も高く、段々と価値が下がっていき一定の年数が経過すると価値がほとんどゼロになってしまうこともあります。

◆安い中古住宅を買って好きなようにアレンジする方法が人気

しかし、最近では新築物件よりも安く購入できる中古住宅を買って好きなようにアレンジして使うという方法も人気がでてきています。

今までは新築物件にこだわっていた人でも、内部をリフォームすれば快適に使えると言う知識が広がったためか抵抗なく中古物件を買うようになってきているようです。

中にはマイランドのように中古住宅を専門に取り扱っている業者もあり、色々な物件を使いやすくリノベーションした状態で売りに出しています。

内部をかなり豪華にしても、家の柱となる部分の建築費用はかからないため、費用を抑えて売りに出すことができるのがメリットです。

特にバブルの時代に建てられた建物はかなり古くなっていますが、贅沢な材料で作られていることが多く、質の良い建物が多いようです。

詳しい人は、いつの年代に建てられた建物かどうかを重視する人もあり、新しい住宅だけに価値がある時代から少しずつ変化が見られます。

いまでも、多くの人が予算があるならば新築住宅を購入したいと言う希望を持っているようですが、中古の物件の人気も高まって来ています。

オシャレな人の間ではぴかぴかの新築物件よりも、使いこんだ味の出しやすい中古物件が好まれる傾向にあり、センスの良い空間づくりに欠かせない存在にもなっているようです。

◆中古物件は、今まで住宅を購入することをあきらめていた人の間でも人気がでている

若い世代の人などで収入がそこまで多くなくても買うことができる中古物件は、今まで住宅を購入することをあきらめていた人の間でも人気がでています。

収入が安定しており高額の住宅ローンが組めるという人はいいのですが、全ての人がそのような状況にあるわけではなく、収入が不安定だと住宅ローンで借りられる額に制限がでてきます。

予算が十分にないと新築物件を買う余裕がなく、賃貸物件に住むしかないという人も多くいます。

それでも自分の家が欲しいという希望が強い場合には中古住宅を購入するという選択肢が増えたことで多くの人が夢を叶えられているようです。

賃貸住宅では、自分の好きなように内装を変えることができないので、住まいを自分好みにカスタマイズしたいと言う人は中古物件の購入をおすすめします。

[PR]マイランド

学校教育の役割と問題点

●学校教育の役割と様々な問題点

学校教育とは、知識を教えて応用させるだけではなく、その背景にある物事の本質を考えさせることになります。

教育を受けた子供が学んだことを生かして体験的に考え、行動を起こすことによって学びの成果をあげるということは学校だけではなく家庭での教育も重要となってきます。

様々な社会的な背景から学校でしつけなどをして欲しいという人もいますが、家庭や家族で行う子供への影響が教育面でも大きな影響があります。

学校の教育を生かすためには家庭の環境を良くして、教育力を高めていくことが子供の生きる力へとつながります。

近年では、社会の仕組みや生活様式が複雑化することに従って環境が大きく変わってきています。

学校にも多様な価値観が集まっており、これまでの単一の目標で画一的な教育は成り立たなくなっているのが現状となっています。

それでも学校の基本的な役割は変わっていないと考えられます。

●学校は、それぞれ発達に応じた教育のあり方や役割がある

小中高と学校がありますが、それにはそれぞれ発達に応じた教育のあり方や役割があります。

小学校では基礎的な教育だけではなく、社会性を身につけるための教育を身につけたり、命の大切を実感できる学級を作ったり、自分の考えをきちんと表現できるための能力を身につけていくことや、他人を理解するための努力などが求められます。

この時期の教育は自発性を身につけさせることで、勤勉性など大人になっても必要なアイデンティティを確立させることにつながります。

中学校や高校では、それぞれの学習への理解を深めるとともに、衣食住への重要性に関して関心を深めていくことが大切です。

地域社会の積極的な協力のもとで地域社会で保存している歴史的なものへの理解を深めたりするなどをすることで衣食住に対しての興味を深めていくなどの観点を育てていくことなどは非常に重要です。

現在の日本の教育は単一の目標で画一的な教育が行われています。

もちろんこれにはメリットがありますが、現在の日本の社会環境などではデメリットも多くなっているのも現状となっています。

学校教育の問題点はいろいろなことが挙げられます。

単一の目標で画一的な教育は答えがわかりやすくなっており、勉強すれば結果を出すことができる反面、何かを想像して実際に作っていくという力がつきにくくなっています。

出る杭は打たれるとも言いますが、周りから少し外れてしまうと仲間はずれにされてしまうなどの状態で、想像力や創造力が育まれていない状態です。

また、人にはいろいろな才能がありますが、環境が合わないことで自分の能力がわからずに才能がないと考えてしまう人は多くいます。

学校では答えを正解する人が評価されることが多いですが、社会に出れば答えを作り出す人の方が評価されるようになります。

きちんと才能が伸びる環境があれば成長できる人も、周りに合わせることで自分の才能がわからなくなってしまうということはよくあるケースです。

●現在の教育では、それぞれの才能を伸ばすことができないのは大きな問題

現在の教育では、それぞれの才能を伸ばすということができないのは大きな問題と言えます。

また、答えを間違うことを恐れることにもつながります。

答えを間違うと評価されないことが多いため、長い学校での生活の中でその価値観が基準となってしまいます。

そのため人によっては人生の選択を間違いたくないと考えるようになってしまい、人生がつまらなくなってしまいます。

みんなと一緒というのは安心感がありますが、自分だけの人生を歩む時には大きな足かせとなってしまうことが考えられます。

もちろん選択を間違いを減らすことは重要ですが、教育で行うのに重要なのは間違ったらどうやって正せば良いのか、間違ったらどうやって失敗をカバーすれば良いのかを教えていくことも大切です。  引用「畑恵の参議院議員時代の活動について

子供の教育を行うのは、学校だけではなく地域や家庭でも行っていくことが大切です。

地域社会では日本古来の文化や伝統を通して日本人の心を大切に育てていくことで、子供の情緒を育んで道徳的な能力を向上させていくことにつながります。

伝統や文化を継承させるにはお年寄りの力が重要ですが、子供が人生のセンタおに対して畏敬の念をもって接することによってお年寄りも貴重な経験を後輩に伝える責務を考えて伝統や文化を継承できるような環境の構築へとつながっていきます。

●家庭では学校との関係をしっかり考えて教育していくことが重要

また、家庭では学校との関係をしっかり考えて教育していくことが重要です。

家庭で先生の悪口を言うのであれば子供は先生を尊敬しなくなり、学校での態度も悪くなってしまいます。

それは教育を受けるチャンスを自ら潰してしまうことにもなります。

若い両親だと子供が注意されると自分が注意されてしまったように感じてしまう人もいますが、このような不安を解消できるような環境を整えていくことも重要です。

子供は学校や家庭、地域社会の中で学んで育っていきます。

現在の学校教育にはメリットもありますがデメリットも多くありが、デメリットを地域や家庭で補っていくことが大切となります。

インターネット上で楽しむバーチャルなカジノ

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、インターネットを用いて、いつでもどこでもスマホやPC、タブレットなどを通して遊べるバーチャルなカジノです。
日本でもアクセスできるサイトが複数あり、それを見ることや、提供されているゲームを楽しむことは日本国内でも、日本人でも可能です。

提供されているカジノゲームとしては、ポピュラーなスロットマシンやルーレット、バカラ、ビンゴゲーム、ポーカーやブラックジャックといったカードゲームまでが揃っており、さらに本場の韓国やラスベガスで流行っている新しいゲームまでが模擬的に楽しむことができるのだそうです。

>>パイザカジノ徹底解説 2018年~入出金・ボーナス・評判~

サイトの多くは拠点を日本国外に置いています(稀に日本国内で運営されている場合もありました)。

日本では、法律でギャンブルとして認められているのは公営競技と呼ばれている競馬や競輪、競艇、オートレースのみですが、海外旅行などで実際にカジノを体験した人たちも増えてきている今、日本国内でも観光の起爆剤としてカジノを誘致してはどうか、という意見を複数の都市が打ち出してきており、そういった意味でも気軽に雰囲気を楽しめるオンラインカジノは普通のゲームとして普及してきているのです。

法的にはグレーゾーン

しかし、そのシステムは法的にはグレーゾーンです。
実際にそれらで得たポイントを『決済・換金』しようと試みた場合には違法性が問われ、オンラインカジノを楽しみ、換金を依頼したプレイヤーが単純賭博罪に問われ、警察が介入する事態になりました。

この場合には、海外のオンラインカジノの運営側を罰することはできず、処罰対象は日本国内から海外のサイトで『賭け』をしたプレイヤーのみが略式起訴となっています。

また、日本国内に拠点を置いて運営しているサイトに関しては運営側も逮捕されています。

日本国内での裁判ではそのほとんどが不起訴になっている

こういった様々な法律の隙間を縫うようにオンラインカジノのサイトはどんどん増えて、さらに進化を遂げていますが、日本国内での裁判ではそのほとんどが不起訴となっていて、簡単に国境を越えてしまうインターネット上のシステムに関する法律の不備が露呈することとなりました。

ゲームとしてカジノを楽しむ、というのであれば白に近いグレーですが、そこに実際の金銭、またはそれに類するものが介在して利益を得ようとするのはそのグレーは限りなく黒に近くなるのです。

近年ではインターネット上でさらに事態を複雑にする仮想通貨が盛んに運用され始め、国家が管理できないお金の流れもますます増えてきています。
そういった法律の網目を潜り抜けて、オンラインとはいうものの、自宅に居ながらにして、またはタブレットやスマホなら場所も時間も選ぶことなく、ほぼリアルと変わらないカジノゲームを楽しむことに対する敷居はどんどん低くなってきているのです。

法律の決めているボーダーラインをきちんと理解する

前述した中に、その拠点を置いているのが海外か、日本国内かという違いがありますが、海外にある場合には、その拠点のある場所でそのサイトと運営会社はきちんと合法的に活動している場合がほとんどなのです。

日本の国内法と海外の法律のはざまで、警察や裁判所もその法律の運用の仕方や、古いままで現実の世界に即しているとは言い難い法律の内容に悩んでいると言っても過言ではないのです。

カジノは明るく楽しむのであれば楽しいゲームセンターのようなものでしょう。
しかし、そこにはお金と変わらない価値のあるものが飛び交い、中には射幸心を煽られてその場ですべてを失う人もいます。

実際にお金、もしくは仮想通貨につながるものが飛び交っているという意味ではオンラインカジノもリアルなカジノと違いはないのかもしれません。
軽い気持ちで楽しむのであれば、その法律の決めているボーダーラインをきちんと理解し、飛び越えないように注意してかかることが大切なのです。

原発は廃止するべきなのか?

原発は廃止するべきかどうか

2011年に発生した東日本大震災は日本のみならず世界中の人々に衝撃を与えました。

福島第一原子力発電所の事故によって、人類は原子力発電所はこれまで想定されてきたテロや敵国からのミサイル攻撃といった人為的攻撃が発生した場合ではなくとも、原発はメルトダウンを起こし放射能が大地を汚染してしまうことを思い知ったのです。

現在でも現場ではアトックスなどの企業が廃炉に向けて頑張っています。

しかし全ての人がこの事故を教訓とした訳ではないようです。

日本は着々と原子力発電の再開を始めている

2018年3月23日、九州電力が玄海原子力発電所3号機を再稼働させるなど、日本は着々と原子力発電の再開をはじめています。

こうした政府と電力会社の姿勢に地域住民や活動家たちが抗議デモを起こすのも無理はありません。

自民党は原子力発電所の再稼働に関して安全性の見直しを行った新基準に基づいているので大丈夫だと主張していますが、国民不在の状態で再稼働ありきで作られた新基準で安心しろと言われて安心できる人間が、あの大震災を経験した日本人の中にどれだけいるでしょうか?

たとえば新基準では原子力発電所から半径30キロ圏内の自治体には避難計画作りが義務づけられていますが、その避難計画が十分な内容であるか第三者がチェックする仕組みは用意されていません。

メルトダウンはかつての公害などと違い、周辺地域に住んでいる人間だけが被害を被る問題ではなく、ひとたび起きれば日本に住む全ての人間に深刻な影響を与える「国民的問題」です。

であるにも関わらず、安全性に関して最善を尽くそうとしない政治家、官僚の姿勢は理解に苦しみます。

その一方で「構造改革なくして景気回復なし」などのワンフレーズポリティクスの申し子として知られる、小泉純一郎元首相や小池百合子東京都知事らが主張する「脱原発」にリアリティがないのも事実です。

小池都知事は2017年の選挙公約に「2030年までに原発ゼロ」を打ち出していますが、発電所の建設には事前の環境調査だけでも数年かかりトータルでも5年以上の期間を必要とする一大事業です。

日本全国の原子力発電所の代替電力を供給するだけの火力発電所を人手不足の日本で一斉に建設しようとすれば、間違いなくそれ以上の期間が必要になるでしょう。

そして無茶な工期を達成するために安全性が犠牲になってしまえば本末転倒です。

「脱原発」の志自体は決して間違ったものではありませんが、具体的な工程表や試算も用意せずにただ「危険な原子力発電所はなくします」と演説するのは選挙で票を獲得するためのパフォーマンスとしか受け取れません。

筆者は原子力発電所の周囲に住んでいるわけではないけれど、もしも最寄りの原子力発電所がメルトダウンを起こせば放射能汚染の影響を受けるであろう首都圏在住者です。

2011年の東日本大震災では政治家や官僚が住むエリアが「計画停電対象外地域」に指定されるのを尻目に、電力の供給を停止され冷蔵庫の中身がダメになってしまわないかと心配した経験もあります。

つまり「放射能汚染の怖さ」と「十分な電力が供給されない不便さ」の両方を知る人間です。

原発は廃止すべきであると明確に規定するべき

そうした経験を踏まえた上で、それでも筆者は「原発は廃止すべきである」と主張します。

もちろん筆者もこれから10年以内に原子力発電所が廃止できるとは思っていません。

本音を言えば近い将来に起きると言われている東海大地震までには、首都圏に大きな被害を与える可能性がある浜岡原子力発電所だけでも廃炉してほしいと考えていますが、現実的にはこれすら難しいのでしょう。

しかし道のりが困難だからといって「じゃあ原子力発電を続けるのは仕方ないね」と考えてしまうようでは、自民党と電力会社の思う壺です。

道のりが困難でも、いや困難だからこそ最終的なゴール地点がメルトダウンの危険がある原子力発電の廃止であることを明確に規定するべきなのです。

私たちの世代はあの東日本大震災で受けた絶望感、恐怖感を忘れること一生ないでしょう。

けれど東日本大震災以降に生まれた子供たちはメルトダウンの恐ろしさを知りません。

新たな世代は「今のところ大丈夫だから」と原子力発電によって維持される社会を黙認することに疑問を持たないでしょう。

そして日本人特有の事なかれ主義は電力会社の慢心を助長し、利益最優先の資本主義社会に浸りきった経営陣は「コストダウン」の大義名分の下に安全体制の箍を緩ませるのです。

安倍首相は2020年までに憲法改正を行い、歴史に自分の名を刻むことにご執心の様子ですが、自衛隊を海外派兵させるための言葉遊びに夢中になる暇があるのなら「内閣総理大臣は日本国民の安全と健康のため、過去の事故で命を落とした全ての犠牲者のために代替エネルギーの開発を促進し、原子力発電所の廃止に向けて努力する義務を負うものとする」の一文を加えて欲しいと思います。

原子力発電の廃止は困難を極め、あるいは私たちが生きている間には達成することは出来ないかもしれません。

けれど私たちの頑張り次第で孫が安心して生きられる世界は作れるはずです。

上手なマッサージでリフレッシュ

気持ちをリフレッシュさせるには?

気持ちをリフレッシュさせる方法には、さまざまなものがあります。

どのような方法を用いるかは、人によって異なるわけです。

ただ、自分ではリフレッシュできていると感じても、実際には疲れが溜まったままになっていることも少なくありません。

心からリフレッシュしたいと思っているのに、なかなかリフレッシュできずに困っているときは、自分が正しいと思っている方法だけでなく、他の方法も試してみることが大切です。

たとえば、アルコールを飲むことで気分転換を図ることができる人は多いです。

しかし、アルコールというのは一時的に疲れを忘れさせてくれるものに過ぎず、飲み終わってから時間が経つと、徐々に疲れが襲ってくることになります。

本当にリフレッシュするためには、アルコールなどに頼る方法は適していないのです。

もちろん、好きなものを我慢するのは精神衛生上もよくないので、アルコールを一切飲んではいけないということではありません。

あくまでも、アルコールなどは適量にとどめ、リフレッシュするための方法は別に考える必要があるということです。

身体的なリフレッシュにつながりやすい方法としては、マッサージを挙げることができます。

ただし、やみくもに身体を揉みほぐしたりするだけでは意味がありません。

どのように揉むか、という点を意識しなければならないのです。

◯マッサージ店を選ぶのは慎重に

さまざまな店舗でマッサージの施術を受けることができますが、いうまでもなく店舗によってサービス内容も充実ども違っています。

そのため、まずは慎重に店舗選びをしなければならないわけです。

初めて通うときは、どうしても通うだけで疲れてしまう面があります。

まずは通いやすさを重視して、自宅や勤務先から近いところにある店舗を選ぶのがよいです。

店舗によっては最初から本格的な施術を受けるのではなく、無料もしくは安価で体験することができる場合もあります。

体験できる機会があるときは、その機会を逃してはいけません。

きちんとサービス内容を体験してから本格的に通うようにすれば、無駄な負担を減らすことができます。

多くの人がマッサージを受けるようになったことで、まだ施術を受けたことがない人は、どのようなサービス内容なのかを人に聞くことが難しくなっています。

しかし、だからといって何も分からないまま通い始めてしまうと、お金がかかる一方で、ほとんど疲れを取り去ることができずに終わってしまう危険があります。

そのため、インターネットなどを活用し、どのような店舗があるのかをきちんと調べておくことが大切です。

通おうとしている店舗のウェブサイトを見ておくだけでも、必要な知識は手に入ります。

施術内容によって料金も当然異なるので、予算との兼ね合いも考えなければなりません。

◯マッサージ店のタイプ

豊富なタイプがあるマッサージですが、初めて施術を受けるときは多くの人が受けているものを選ぶと失敗しにくくなります。

たとえば、タイ式、中国式、ハワイ式といった地名が入ったご当地流と呼ばれるものが有名です。

また、エステ・アロマ・カイロプラクティックのような文言が入っているサービスも、頻繁に店舗を目にするものです。

このようなタイプの店舗での施術は、奇抜な内容にはなっていないため、初めてでも不安になる必要がありません。

オーソドックスな店舗を体験することで、基本的な施術の進め方を知ることができます。

マッサージを受ける目的は人それぞれですが、基本的な部分は誰でも共通しているものです。

すなわち、身体の疲れをきちんと取り去るという目的があります。

店舗の種類が多すぎて、通い始める前から悩んでしまうのでは、余計なストレスが溜まってしまうだけで本末転倒です。

それなりに考えて通うのは大切なことですが、なんとなく効果が期待できそうだと思って通うのも無意味なことではありません。

注意しておいた方がよい点としては、店舗によって大きく施術内容が異なっていることがある点が挙げられます。

たとえば、エステとカイロプラクティックは、かなり違いがあるのです。

エステというのは、身体的な疲れを癒やすという目的に加えて、美しくなりたいと考えている人に向いているサービスだといえます。

丁寧な施術を受けることによって、肌の調子を整えたりする効果も期待できるのです。

これに対してカイロプラクティックは、背骨の歪みなどを改善させたいと考えている人に適しています。

◯施術担当者との相性も非常に大切

マッサージは、非常に奥の深い世界だということが分かります。

何も考えずに店舗を訪れてみるのも悪くないですが、さまざまな違いや共通点について正しく理解しておくと、より期待できる効果が高まるものです。

最初から詳しい知識を身につけるのは難しいですが、何度も通っていくうちに分かってくることは多々あります。

施術を担当するスタッフとの相性も、身体を癒やす上では重要なポイントです。

したがって、最初のうちは何人かのスタッフの施術を受け、相性を確かめてみるとよいです。

 

今、あなたにオススメ

御茶ノ水マッサージ安い

実業家が効率的に資金調達するには

実業家について

実業家とは主に生産や流通、販売などに関する事業を経営する人のことです。

自ら新たに事業を興す起業家や、親から事業を引き継いだ経営者などは実業家と呼ばれます。

企業の経営に携わる人のことを一般的に企業家には、雇われた経営者も含まれます。

一方、立沢賢一などの実業家は独立した存在なので、雇われた経営者は含まれません。

自ら独立して事業経営を行なうだけでなく、資本を出資する資本家としての側面を持つ場合もあります。

新たに事業を興すためには経営資金の調達が必要です。

資本家であれば自ら潤沢な資金を投資して事業を開始することができます。

しかし起業家の全てが、潤沢な資金を持つ資本家であるとは限りません。

自分自身で資金を準備できない場合には、他者から融資や出資を受けることになります。

当初から十分な資産を保有している実業家は、資産を有効活用して事業資金にできます。

自分自身の資産を活用するので、負債を負わずに済みます。

不動産や自動車などの車両、機械設備などを当初から所有していれば、有利に起業可能です。

サラリーマンなどが起業を考えるのならば、まず毎月の給料から開業資金を貯めることになります。

しかし資金があまりない段階で起業することも可能です。

銀行や消費者金融業者はビジネスローンという形で事業性資金の融資を行なっています。

ビジネスローンは担保や保証人を必要とせず審査も簡単に行われるため、資金を借りやすいというメリットがあります。

ただし金利が高いので注意が必要です。

当初の自己資金が少ない場合には、毎月の給料からある程度の資金を貯める方が負担が少なくなります。

徐々に規模を拡大していく方法

事業の種類によっては、徐々に規模を拡大していくことも可能です。

例えばインターネット通販で雑貨などを販売する場合には、少しずつ規模を大きくしていくことができます。

最初のうちは資金が少ないので扱える商品の種類や数なども限られます。

黒字経営を続けて徐々に事業規模を大きくすれば、インターネット上だけでなく実店舗を構えて活動することも可能となります。

小さい資金から商売を始めて、徐々に事業規模を拡大すれば金融機関などから借金をせずに済みます。

借金はまとまった経営資金を作ることができますが、経営への負担も大きくなります。

なるべく負債を増やさないように事業規模を拡大することが重要だと、立沢賢一もセミナーで語っています。

一定の信用力がある実業家であれば、銀行から直接的に融資を受けることもできます。

銀行が行なう融資には信用保証協会による保証が付いた融資と、銀行自身が行なうプロパー融資があります。

後者は銀行がリスクを負担するので、信用力が厳格に問われます。

一般的にはまず保証付きの融資を受けて返済を重ね、信用力を高めることになります。

信用力を高めるには、売上を伸ばすだけでなく確かな営業利益が出ていることが重要です。

売上が大きくても、コストが大きく営業利益が小さいと信用力は低くなります。

企業の信用力を知る上で営業利益は重要な存在であると立沢賢一も念押ししています。

災害など何らかのトラブルが発生した場合には企業が損失を被ることになりますが、確かな営業力のある企業であれば容易に克服できます。

営業利益は企業の耐久力を表現しています。

引用元:立沢賢一

耐久力の高い企業であれば、銀行も安心して融資を行なうことができます。

企業が信用力を高める方法としては、他にも株式の上場が考えられます。

証券取引所に株式を上場すると、一般的な投資家が自社の株式を購入できるようになります。

企業は銀行などから融資を受けなくても、直接金融が可能となるため経営を安定化させることができます。

信用力が増すので、新たな事業を行う際に必要であれば銀行などからの融資を受けやすくなります。

多くの起業家が株式の上場を目標としています。

信用力が高まるほど融資は受けやすくなる

信用力が高まるほど銀行など金融機関からの融資を受けやすくなります。

事業規模が拡大し経営が安定すると信用力が高まり資金調達が容易になるので、経営をスムーズに行なうことができます。

しかし一般的なサラリーマンなどで起業を考える場合、当初の信用力はそれほど高くはありません。

株式を発行して投資家から出資を募ることも考えられますが、引き受けてもらうためには事業の将来性が重要になります。

銀行などから融資を受ける場合も、株式を発行する場合も信用力が必要です。

信用力が低い段階で他者から資金を調達するには、高金利なビジネスローンを利用するかベンチャーキャピタルなどを利用することが考えられます。

ベンチャーキャピタルとはベンチャー企業に対して出資を行なう専門業者のことです。

高い将来性を備えた市場や企業に出資して、企業が成長したら株式の売却により利益を得ます。

ベンチャーキャピタルであれば、信用力の低い段階でも多額の資金を調達できます。

最近ではインターネットを利用して不特定多数の投資家から出資を募る、クラウドファンディングも盛んに行われるようになりました。

自ら起業して立沢賢一のような実業家になるには資金調達が重要です。

資金の調達方法には様々なものがあります。

信用力が低く初期の自己資金が少ない場合でも、ベンチャーキャピタルやクラウドファンディングを利用すれば多額の資金を調達できます。

細やかなニーズにも対応可能なこくみん共済

こくみん共済の概要

こくみん共済は全労済が提供していてる医療、生命の保障です。

全労済は非営利の協同組合であるため、保険会社が提供する保険に比べて掛金が安く済むのが特徴です。

出資金を払って組合員になれば、誰でも共済に加入することができます。

医師の診断が不要なため加入手続きも簡単です。

また掛金が年齢、性別を問わず一律であり(シニア向け保障をのぞく)、更新によるアップもありません。

さらに年度末決算での剰余は割り戻し金として組合員に還元されます。

入院も死亡もトータルにサポートする総合保障が月々1800円からと、ファミリーにも初めての方にも加入しやすい内容になっています。

さらに目的に合わせて保障を組み合わせることができるので、手軽に始めたい方から手厚いサポートが欲しい方までさまざまなニーズに対応できるのもこくみん共済の魅力です。

就職、結婚、退職など人生のステージに合わせてプランを組み直すことも可能です。

こくみん共済には医療、生命、賠償など、幅広い保障プランがあります。

まず、初めての方や、保障選びに悩む方におすすめなのが総合タイプ。

入院、通院から死亡、障がいまでをカバーする保障です。

保障額をしっかりと備えたい場合は総合2倍タイプ、死亡、重度障がいに備えたい場合には大型タイプもあります。

重度障がいの保障を手厚くしたいなら生きる安心タイプ。

こちらも保障額が2倍の生きる安心Wタイプと生きる安心Hタイプの3段階の掛金から選ぶことができます。

また医療保障など他の保障をプラスすることで、さらに安心な備えとすることもできます。

タイプ別の詳細

医療の保障には医療安心タイプ。

入院、手術のほか先進医療が最高600万円まで保障されます。

通算限度額の上限もないため、安心して治療に専念することができます。

がんなどの治療の可能性を広げる先進医療は、健康保険適用外の高額な技術料がかかることも多く、費用の自己負担に備える保障が必要となります。

女性特有の病気には医療保障、満55歳から一生涯の医療保障には終身医療総合5000があります。

さらにがんに特化したがん保障プラスは、上記すべての総合保障と医療保障に追加することができ、がん(悪性新生物)と生後初めて診断された場合、100万円が支払われます。

けがと賠償の保障は傷害安心タイプと傷害安心Wタイプ。

けがをした場合の通院、入院、障がいだけでなく、携行品の損害も補償されます。
また他人にけがを負わせたり物を壊してしまった場合の個人倍書責任保障は最高1億円。

最近では被害が人身に及んだ場合など高額な賠償命令つながるケースも多く、ぜひとも入っておきたい保障です。

生計を一にする同居の親族についても同額保障されるのもポイントです。

相手が死亡したり長期入院した場合には弔問や見舞いのための臨時費用も支払われます。

満0歳から加入できるのはキッズタイプとキッズワイドタイプ。

入院やけが、なかでも子供に多い骨折や腱の断裂、関節の脱臼は特に手厚く保障されて、掛金が月々900円からと手軽なのもうれしいところ。

また他人にけがを負わせたり、物を壊して法律上の損害賠償責任を負った場合には最高100万円までが保障されます。

扶養者である契約者が死亡したり重度障がいが残った場合の保障もついています。

さらにキッズ満期金付プランをセットにすれば、子供の成長に合わせて満期金を受け取ることができます。

満期金の額は50万円と100万円から選ぶことができ、満期金の受け取り時期によって中学入学準備コース、高校入学準備コース、大学入学準備コースのいずれかまたは組み合わせで最高300万円までの満期金を受け取ることができます。

セカンドライフを支えるシニアの保障も充実している

セカンドライフを支えるシニアの保障も充実しています。

満55歳から加入できる医療保障として、終身契約の終身医療総合5000、満80歳まで保障する定期医療総合5000があります。

寝たきりや認知症で要介護状態となった場合の備えには、終身介護サポート。

一時金の他、生活費として一生涯共済金を受け取ることができます。

病気死亡時に300万を受け取れる定期300は万一の時に家族の負担を減らすことができます。

こちらは余命6カ月と宣告された時点で、死亡共済金の代わりにリビングニーズ共済金として受け取ることもできます。

満60歳から加入できる1年更新型の保障としては、シニア医療タイプ、シニア総合タイプ、シニア傷害安心タイプ、シニア傷害安心Hタイプがあり、変わりゆくニーズに合わせて更新のタイミングごとに組み合わせを見直していくことができます。

このようにこくみん共済にはさまざまなプランが用意されており、その時々の状況によって必要な保障を組み合わせて利用することができます。

シンプルでわかりやすいプランが多いので、不要な保障に掛金を支払いたくない方や、保障を細かくカスタマイズしたい方にも納得のいく内容での保障が可能です。

各種プランの相談、申し込みは電話やインターネットの他、全国約200カ所の窓口でも受け付けています。
※出典「こくみん共済」より一部抜粋

川中商事の歴史と大きく変わった現在

川中商事の特徴

川中商事はかつて存在していた企業で、居酒屋チェーンの経営によって存在感を現していたのが特徴です。

2005年に創業して以来、全国に300店舗以上の出店を達成して、その名前を一躍有名なものとしました。

当時は経営者があまり表に現れず、自社のWebサイトやSNSの情報発信もなかったことから、実態が不明で謎の多かった企業だと評価されています。

また、限られた情報からは関連企業の多さが見え隠れしていたので、実態が掴めない不思議な企業という印象に拍車を掛けたほどです。

一説には黒字の粉飾であったり、お金に関する黒い噂が流れることもありました。

実は、2011年から2014年に掛けて、3度の食中毒事件を発生させています。

事件の発生はどれも異なる地域の店舗ですが、ノロウイルスという共通点があります。

保健所の検査と指導を受け入れ、3日間の営業停止のペナルティも受けていますから、同店舗での再発は防げています。

しかし、同様の事件を起こしたことで、経営における食品の安全に関わる意識が高まり、安全性確保の体制見直しに結び付きました。

店舗数が多い居酒屋チェーンなので、食中毒発生のリスクが高まるのは、経営規模の大きさを考慮すると仕方のないことでしょう。

ただ、3度も同じ食中毒事件を発生させたのは事実ですから、利益や経営には少なくないダメージがあったはずです。

一方では、2012年に起きた火災も経営の記録に残る事故で、同じビルに入居するパチンコ店に2億円以上の損害を与えています。

この時に指摘されたのは、消火栓の扉が開かない状態になっていて、床の段差が原因だと言われています。

火災事故は後にも先にも1店舗だけですから、チェーン全体の経営姿勢ではなく、特定の店舗に問題があったと結論付けることができます。

川中商事の理解が進んだのは皮肉なことに、当時の社長が辞任して事業が譲渡され、経営陣が入れ替わった後のことです。

新しく生まれ変わった居酒屋チェーンは、積極的な姿勢で情報発信を行ったり、オープンに情報開示を行って驚かせています。

前社長は、譲渡後も暫くは経営に関与しているようですが、経営の中心からは外れているので、今の影響力は弱まっていると考えられます。

300店舗も規模を拡大できたのは、先代の取り組みや努力によるところが大きいですが、成長に限界が見えた理由はやはり、秘密主義的な経営姿勢に他ならないでしょう。

事業の譲渡が発生したのは、成長の停滞を考えると必然的ですが、むしろ絶妙なタイミングで経営が変わったといえます。

経営陣の集団化の意味合い

今現在の状況は、店舗数が400店弱で、海外展開も視野に事業を拡大している途中です。

川中商事時代から大きく変わった今では、様々な異なる特徴を挙げることができます。

経営陣の集団化には、ワンマン経営を避けるという意志と、多様性を実現する姿勢が現れています。

出身を飲食業に限定せず、幅広い分野から経営のスペシャリストを集めているので、問題点の改善とクリーンな経営が実現しました。

具体的には、経営状況の安定と透明化や、衛生管理の徹底と更なる安心感の向上などです。

経営に関する情報が余すことなく公開されているので、川中商事時代にあったような噂が立つようなことはなく、衛生問題の発生もなくなっています。

更に、従業員のトレーニングと共に、待遇改善にも力が入れられていますから、現場の業務はとてもクリーンで、良好な状況が保てるようになったのも大きな変化でしょう。

従業員がより積極的に、自らの考えで居酒屋のアイディアを提案できるように変わったのも、経営陣が変化した現体制からです。

待遇改善との相乗効果によって、従業員のモチベーションは大きく高まっているので、業態の個性化や付加価値のある店舗経営に繋がっています。

逆に変わっていない部分は、個室居酒屋の経営に注力していて、コンセプトの異なる業態のお店が同時に複数運営されていることです。

コンセプトの多様化が推し進められている

今ではコンセプトの多様化が推し進められ、以前よりも増して個性的なお店が増加しています。

異なる業態のお店は、どれも違いが明確で分かりやすいので、他にはなくてここだけ、という付加価値を大切にしていることに納得です。

川中商事時代の評判は、提供される料理の質がそれなりで、安いからにはしょうがないといったものでした。

その点、現在は著名な料理人に監修を仰いでいますから、メニューの刷新と質の向上に力が入っていることが分かります。

経営の安定化だけでなく、従業員のモチベーションを保ち還元する為にも、商品の価値を高めて利益を追求するのは合理的です。

良いサイクルで経営が進んでいる印象ですから、閉鎖的で暗かった川中商事時代とは打って変わって、今は消費者にも従業員にも魅力があるといえるでしょう。

問題の改善や品質の向上を進めつつ、海外進出を視野に入れたり、レストランの経営にも手を広げていますから、将来性を感じさせる有望な外食チェーンに生まれ変わっています。

※川中商事の会社概要について

クレジットカードで安全な買い物をする

クレジットカードは基本的に18歳以上の社会人が持てる物となっていますが、大学生や専門学生でも持てる学生カードを発行しているカード会社も多くあります。

※参考→学生 クレジットカード 人気

カードの支払いは基本的に借金や負債と思っていた方が良いです。

商品代金は一時的のカード会社が立て替える形になるので、早くて1ヵ月後には請求や指定口座から引き落としが行われます。

この引き落としが出来ない場合はカード事故と言う扱いになり、一定期間は新しいクレジットカードが作れない場合やローンが組めない場合がありますので、安全対策として使用限度額を自分で支払える額に設定しておくことも必要になります。

家電量販店や鉄道会社と提携しているクレジットカードにはカードの使用額によってポイントが付きますので、そのポイントを還元して安く家電など買えます。

また飛行機会社と提携しているカードはマイルをためる事が可能ですので、飛行機代をカード決済するだけでもマイルがもらえます。

カードによっては最初から海外旅行の旅行保険や国内旅行の旅行保険が付帯されているので、旅行に多く行かれる方にはお勧めです。

年会費は初年度が無料の物が多く発行されていますが、カードの使用額や回数によって次年度も年会費が無料になる物をあるので、検討される場合もあります。

通勤などでマイカーを使用されている方にはガソリンスタンドがカード会社と提携している物を発行すれば、全国規模に展開されているガソリンスタンドで給油すればカード会員の価格で安くガソリン代が抑える事が可能になります。

クレジットカードにはショッピング保険が付帯してある種類がありますので、日頃からデパートや大型ショッピングモールで買い物される方にはお勧めのカードになります。

クレジットカードの審査日数は審査会社によって異なる場合がありますので、インターネットなどで検索すると発行日数を調べることが出来ます。

日本国内では使用できるカードでも海外では使えないカードブランドがあるので、2種類のカードブランドを持っていると良いこともあります。

最近は女性のみ持てるカードの発行がされており、入会することで女性特有の検診に使用できるクーポン券が発行されます。

またポイントに関しても一般用より高ポイントとなっているのが特徴です。

基本的に次年度は年会費が必要になりますが、一定のポイントが溜まっていればポイントから年会費を支払うことが出来るのが魅力になります。