クレジットカードで安全な買い物をする

クレジットカードは基本的に18歳以上の社会人が持てる物となっていますが、大学生や専門学生でも持てる学生カードを発行しているカード会社も多くあります。

※参考→学生 クレジットカード 人気

カードの支払いは基本的に借金や負債と思っていた方が良いです。

商品代金は一時的のカード会社が立て替える形になるので、早くて1ヵ月後には請求や指定口座から引き落としが行われます。

この引き落としが出来ない場合はカード事故と言う扱いになり、一定期間は新しいクレジットカードが作れない場合やローンが組めない場合がありますので、安全対策として使用限度額を自分で支払える額に設定しておくことも必要になります。

家電量販店や鉄道会社と提携しているクレジットカードにはカードの使用額によってポイントが付きますので、そのポイントを還元して安く家電など買えます。

また飛行機会社と提携しているカードはマイルをためる事が可能ですので、飛行機代をカード決済するだけでもマイルがもらえます。

カードによっては最初から海外旅行の旅行保険や国内旅行の旅行保険が付帯されているので、旅行に多く行かれる方にはお勧めです。

年会費は初年度が無料の物が多く発行されていますが、カードの使用額や回数によって次年度も年会費が無料になる物をあるので、検討される場合もあります。

通勤などでマイカーを使用されている方にはガソリンスタンドがカード会社と提携している物を発行すれば、全国規模に展開されているガソリンスタンドで給油すればカード会員の価格で安くガソリン代が抑える事が可能になります。

クレジットカードにはショッピング保険が付帯してある種類がありますので、日頃からデパートや大型ショッピングモールで買い物される方にはお勧めのカードになります。

クレジットカードの審査日数は審査会社によって異なる場合がありますので、インターネットなどで検索すると発行日数を調べることが出来ます。

日本国内では使用できるカードでも海外では使えないカードブランドがあるので、2種類のカードブランドを持っていると良いこともあります。

最近は女性のみ持てるカードの発行がされており、入会することで女性特有の検診に使用できるクーポン券が発行されます。

またポイントに関しても一般用より高ポイントとなっているのが特徴です。

基本的に次年度は年会費が必要になりますが、一定のポイントが溜まっていればポイントから年会費を支払うことが出来るのが魅力になります。